Adobe Captureアプリがすごい

立て続けにAdobeの記事ですが(前回記事「Adobe SenseiのAIがすごい(Adobe MAX 2017)」)、Adobeの公式アプリ「Adobe Capture CC」(iOSAndroid)にスマートフォンのカメラで文字を撮影すると、それに近いフォントを探してくれる機能が追加されました。

 

Adobeの無料公式アプリ「Adobe Capture CC」

 

これはデザイナーの方にとっては、便利なのではないでしょうか。

 

ちなみにスマホアプリではないですが、Chromeのアドオンで同じようなものがあったようです。
フォントやフォントサイズ、フォントカラーまでわかります。
https://chrome.google.com/webstore/detail/fontface-ninja/eljapbgkmlngdpckoiiibecpemleclhh

 

「Adobe Capture CC」はAdobeの人工知能「Adobe Sensei」を用いて実現したもので、フォントに特化したアルゴリズムを使っているそうです。本当に「Adobe Sensei」すごいですし、前回の記事にも書きましたが、AdobeのAIの方針は「Adobe Senseiは人間の仕事を奪うものではない、助けるもの」、そして「2018年_ITトレンド10大予測」の記事にも簡単に記載していますが。、AIは人の仕事を奪うより、実は増やすことの方が多いということです。