Airbnbとは、また問題点は?

Airbnbをご存知の方、さらにはもう既に利用している方も多いかもしれません。そのぐらい日本でも有名になってきており、かつ利用者が増えているAirbnbですが、大変な問題点があります。

 

Airbnbとは

そもそもAirbnbをまだ知らない方もいると思いますので、簡単にどのようなものか説明します。
Airbnb(エアビーアンドビー)とは、現在世界192カ国の33,000の都市で展開している宿泊施設・民宿の貸し借りを個人同士で行えるサービスのことです。

通常、どこかに旅行をしたいときや、短期間で部屋を借りたいときはホテルなどに予約して宿泊していたと思います。
Airbnbのサービスはホテルなど企業が運営している施設ではなく、個人で所有している部屋などを貸し借りすることができるサービスとなります。

 Airbnb

 

このような個人同士のやりとり(個人間取引)はCtoC(C2C :Consumer to Consumer)といい、現在では「メルカリ」を始め、潰れましたが「チケキャン」(転売問題)など、数年前からのトレンドと言えます。このCtoCの仲介を行っているのが、今回はAirbnbということです。
ちなみに企業同士のやりとり(企業間取引)はBtoB(B2B : Business-to-Business)と言います。

 

Airbnbのメリットとしては、貸す側としては使用していない期間に部屋を貸すことができ、副収入を得ることができます。借り側としては、個人間のため手頃で、かつ短期間から中期間借りることができます。また探すとわかりますが、様々な種類の部屋があったり、基本的にキッチンもあるので自炊することなども可能です。これが世界のサービスとして浸透しているため、海外旅行でも利用でき、Airbnbの場合はホテルと違い、民宿なのでそこの文化を感じることもできます。

もちろん、デメリットもあります。
料金設定のレベルが統一されていないことや、ホテルのようなサービスはありません。また海外で利用するのであれば、貸してくれるホスト側との言語の壁もあります。
そして防犯の問題です。

 

Airbnbの問題点

防犯の対策として貸主が行う対策、それは防犯カメラです。これが隠しカメラとなり、下記のような記事の問題となっているのです。

 Airbnbの大問題。それは隠しカメラ。しかし打つ手はほとんどない

 

ホテルだから確実に安心かといえば、そうではないかもしれません。しかし個人の方が、このようなリスクがより高いでしょう。
仲介側であるAirbnbがこの問題に対処していくのは、もちろんのことですが、利用する側の自分たちが盗撮や盗聴、このようなリスクがあることを理解して利用する必要があります。自分の身は自分で意識して守らないといけません。今の時代、一度ネットワークに情報が出れば、半永久的に消えることはありません。サービス、ITなどをしっかりと意識、理解していくことが、快適に楽しく過ごしていくには必要かもしれませんね。

 

 

IT, TipsAirbnb, IT

Posted by yuyu