街中でスマホ充電「ChargeSPOT」開始

未だに充電消費が早いスマホ、日々充電することは習慣化しているものの忘れてしまう日もありますし、使いすぎれば1日待たずして消費し切ってしまうことも普通にあります。

そういう意味で、充電器に差さずに自動で充電できるように早くなればいいのにとは、ずっと思っています。最終的には、どこを歩いてでも充電、もしくは充電スポットに行けば充電されるぐらいになって欲しいものです。少しずつですが、そのような技術は出来ていますが、まだ遠いのが現実です。

 

ChargeSPOT

充電し忘れた時などに、すぐ充電できるサービスが始まりました。

 スマホ充電器、街中の“自販機”でシェアサービス 48時間200円で日本上陸

 

駅やカフェを中心に充電器を自販機のようにシェアするようです。充電器を1時間内に返せば100円、48時間内に返せば200円、それ以上時間が掛かった場合はデポジット金1500円でお買い上げになるという仕組みになります。

駅では、自販機のように筐体が当たり前のように設置されれば、移動間で利用し、カフェでは待ち時間で充電してと利用する人は増える可能性はありますね。
今や必需品であるスマホだけあって、ありなのか?それとも必需品のため、既に移動端末を持ち歩いているため、拡がりづらいのか気になるところです。それと買い取りによって、移動端末を持つ人が自然と増えてしまう可能性もあるので、需要が下がる可能性もありますね。

 

他に気になったことは、「アプリ内のQRスキャナー機能で筐体に表示されたQRコードを読み取ると、充電器を借りられる。」
アプリを予めダウンロードしておくという前提は置いておきますが、QRコードで読み取るということは、充電が切れていた場合は対応できないということですね。そこも改良できれば良いかもしれません。
そもそも自販機に100円入れたら、充電できる機能を別に追加するなどできたほうが需要が上がりそうな気もしますが。どうなのでしょうか。

ちなみに中国では既に飲食店に入ると、同じようなサービスがあるようです。そういう意味でも日本ではどうなるのか注目です。

 

 

IT, Tips

Posted by yuyu