GoogleとUnityで「リアルワールドゲーム」

Googleは3月14日(現地時間)に「Google Maps API」でのGoogleマップのリアルタイムデータ提供とUnityのゲームエンジンとの統合を発表しました。
これにより、今までよりも簡単に「Pokemon GO」のようなアプリケーションが作ることが可能になります。

 

Unity

Unityとは3Dゲームを開発するための統合開発環境を内蔵し、複数のプラットホームに対応するゲームエンジンのことです。

実際に下記のチュートリアルを見ていただければ、イメージが付きやすいと思います。3D上にステージやキャラなどを設定してゲームを作成していくことができるものになります。

 はじめてのUnity

 

Google Maps API

Google Maps APIはGoogleマップを利用したことが多いかと思いますので、分かるかと思います。Googleマップをアプリケーションとして使用することができます。

実際に下記の動画を見てもらうとわかりますが、全世界の立体的な地図を利用することができます。

 

 

UnityとGoogleマップが統合することで、簡単に世界の地図を立体的にゲームに利用できるようになります。またリアルタイムで新しい建物や道などができれば、それらを反映することもできます。

このサービスはゲームにはもちろんですが、O2Oマーケティング(Online to Offline Marketing)にも有効な手段となり得ます。最近の記事「Amazon 日本にないサービス」にある「Treasure Truck」などもそうです。
O2Oマーケティングの成功事例がまとめてあった記事がありましたので、興味があれば参考にしてください。

 O2Oマーケティング事例

上記のようなO2Oマーケティングにゲーム性が合わされば、面白いですね。

またGPSを利用したゲームでは、前に「歩いて仮想通貨稼ぎの新ゲーム「ビットハンターズ」とは」という記事を書きました。こちらは春ごろからサービスが開始される予定です。
ゲームもまた新たな進化を遂げていき、楽しみですね。