画像から文字抽出するチャットボット作ってみた

Twitterで「文字起こし君」が話題になっているという記事を見ましたので、同じような機能を少し前に作ってみました。

 LINE文字起こし君の精度と時間はどれくらい?正確さや正しい文章になるか感想レビュー!

 

ちなみに作った本人が作り方を有料で記事を書いています。途中までは読むことができます。(ちなみに自分は少し違うやり方で行いました)

 【AIプログラミング】LINEに画像を送ったら自動で文字起こししてくれる機械学習アプリを作ろう

 

文字起こし君とは

画像から文字をコピペすることができないのは不便ということから作成したようです。
確かに不便です。ちなみに他に文字起こしする方法は「Google Drive_画像認識で文字抽出」「改めて注目される「Office Lens」とは」の記事にも書いてますが、アプリなどを利用すれば行うことはできます。

ただ、Lineという身近なツールで実現させたことが良いところだと思います。

 

制作者はGoogle(Google Apps Script・Google Vision API)をもとに作成していますが、自分はMicrosoft(Azure Computer Vision)をもとにPaaSとしてHeroku、プログラミング言語としてPythonを使用して作成しました。

自分のであれば、下記の画像のような感じです。

 

下記、QRコードを読み込むことで実際に試してみることができます。

 

また今回のとは違いますが、ボットでAzure(Custom Vision)を用いたものも簡単に試すこともできましたので、簡単にメモとして紹介します。

まずMicrosoft Bot Frameworkを下記サイトを参考に作成し、

 Microsoft Bot Frameworkの使い方

次にCustom Visionを用いて作成します。

 Custom Visionの使い方

これで自分オリジナルの画像検索が作れます。

 

 

デザインシンキング」の記事にも書きましたが、プロトタイプをすぐに作成することも大切なので、考えたことをすぐ形にできるようにしておきたいですね。