MicrosoftがVR/MRで見ている先は

Microsoftは最近、「de:code2018」を行いました。その基調講演でもMR(HoloLens)を取り上げており、今後ますます力を入れていく、発展していくことが予想されます。
下記の記事でもそれが分かると思います。

 日本MSのMR認定パートナー2社が提携、HoloLensの活用加速ねらう

 

また5月22日からは「Microsoft Remote Assist」と「Microsoft Layout」の2つの新機能を導入しました。

 

Microsoft Remote Assist

「Microsoft Remote Assist」は遠隔支援のため、アシスト機能です。遠隔支援者側は相手がHoloLensから見ているものを把握でき、対応者は相手の顔や情報、描いた文字(システムの箇所を丸印するなど)を見て対応することができます。

 

 

Microsoft Layout

「Microsoft Layout」は空間上にデジタルな物体を配置することで、最適なレイアウトを実現することができます。

 

 

MicrosoftがVR/MR上で目指す先は

仮想上のテクノロジーに力を入れていることは間違いないですが、一体Microsoftはどこを目指しているのでしょうか。
Microsoftと言えば、Windowsでもありますが、またOffice 365も有名です。ExcelやWordであれば使用した方は多いでしょう。

その一つである「SharePoint」もVR上に設置するという記事がありました。

 マイクロソフト、ビジネスツールのVR化を計画 VRにワークプレイスを拡張

 

SharePointは資料を共有することができますので、VR上で資料を見ることができるのであれば、トレーニングなどでより簡単に新たな体験ができるかもしれません。

そして下記のような記事もありました。

 まだ“現実”(リアル)で仕事をしてるの? 日本マイクロソフト、オートデスク、ユニティが語る「産業VR/AR発展の鍵」

 

上の記事の中で、「マイクロソフトは昔からそうなんですが、PCやキーボード、マウスがある状態がずっと続くとは思っていない。」という一文がありました。つまり、現在はPCの他にタブレットやスマホと少しずつ働き方が変わっていますが、だいぶ慣れてきたPCという働き方から、さらに変わっていく準備をしているのかもしれませんね。

VR上であれば、物体の認識が重要になってくると思いますので、以前の記事でも取り上げましたが「Ultrahapticsとは」のような超音波技術が注目かもしれませんし、着実にMicrosoftはリアルな認識技術の特許を取ったり、発表をしていますので、そちらが使用されてくるのかもしれません。
それらについては下記の記事や動画を参照して下さい。

 

 腕に巻く触覚デバイス マイクロソフトの特許公開
 マイクロソフト、力触覚を再現するコントローラーを開発