Intel、AMD致命的な「欠陥」が起きている理由とは

2018年に入ってから、Intel、そしてAMDとCPUにおいての致命的な欠陥が見つかっています。下記にそれぞれの詳細の記事をあげておきます。

 「Intel」Intelのチップに潜む欠陥
 「AMD」チップに深刻な脆弱性(バックドアも発覚)

 

Intel、AMDのCPU欠陥理由

簡単に言えば、「高速化」処理を利用されたことによります。
高速化するために投資的実行処理(分岐地点でとりあえず先に処理を行っていき、違う場合はデータを削除)を行うため、そのときに様々な場所でキャッシュにデータを一時的に保存しているので、そこから任意のデータを取得できる可能性があります。

Intelの脆弱性は「Meltdown」「Spectre」があり、「Meltdown」は悪意のあるプログラムによって、メモリー領域にある本来より高い権限レベルの情報を読み出せるようにし、「Spectre」は、コンピューター上で実行されているほかのアプリケーションのメモリー領域からデータを盗み出します。
AMDの脆弱性も上記と類似しているそうです。

 

「Meltdown」に対してはOSでパッチを当てて、回避しているようですが、「Spectre」は難しいようです。
また安全パッチを当てたことにより、PC・サーバーの処理速度が低下していることをMicrosoftが発表しています。

 

高速化することが必要になってきていますが、もちろん乗っ取られたり、データを取られてしまっては意味が無いので、改善されることを期待したいですね。