TOEICとは

TOEICとは

TOEICとは「Test of English for International Communication」の略で、実践的な英語コミュニケーション能力を測定するためのテストです。

日本では年間受験者数が約250万人もおり、英語能力の指標を示す有名な資格です。(判定は合否ではなくスコアになります。)

ちなみに世界の年間受験者数は約700万人で、主な受験者は日本、韓国、中国なため、TOEFLなどに比べると世界的な認知は低いです。基本的に日本の企業や大学などの指標として利用しています。
受験の理由としては、就職・転職、昇給・昇格に必要なため受ける方が多いです。

 

TOEICには下記のものがあります。

  • TOEIC Listening & Reading Test
  • TOEIC Speaking & Writing Tests
  • TOEIC Speaking Test
  • TOEIC Bridge Test

その中でTOEIC Listening & Reading Testのことを世間一般的にTOEICと言っています。

 

TOEICとTOEFLの違いは

またTOEICと一緒にTOEFLも聞いたことがあるかもしれません。
TOEFLは「Test Of English as a Foreign Language」の略で、英語圏の大学生活で必要な「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの英語コミュニケーション能力を総合的に測定するためのテストです。

TOEICはビジネス能力評価のため、就職や転職に必要なテスト、TOEFLは、英語圏の大学・大学院への進学や長期留学に必要なテストというイメージです。

 

TOEICのスコア・レベル

TOEICはスコアで判定され、満点が990です。
スコアの採点方式の詳細は公開されていません。採点方式の定義は「英語力に変化がない限り、何回受験をしても点数は同じ」だそうです。そうなるように特殊な計算方法で採点していると考えられます。
問題は全200問でリスニング100問(45分)、リーディング100問(75分)となっています。

だいたいですが、スコアによって下記のレベルだと判断されるようです。
 600~(簡単な日常会話)
 700~(日常会話・簡単なビジネス英語)
 800~(実践的なビジネス英語)
 900~(専門的なビジネス英語・ネイティブ同等)

企業が新入社員に期待するTOEICスコアは、565点(2013年時点)だそうです。

ちなみに履歴書には500点台から記載しても良いレベルだと認識されているそうです。500点台ではビジネスとしてまだ未熟ですが、基礎がある程度できているので今後習得できるだろうと考えてもらえるようです。逆に500点未満の場合はできないことをアピールすることになり、マイナス評価になる可能性があるので注意しましょう。

 

TOEICの申込方法や費用

TOEICは毎年1・3・4・5・6・7・9・10・11・12月に年10回実施されています。受験料は一回税込み5,725円です。(2018年現在)

また、インターネットで申し込みを行うと、同月の一年後割引価格の5,092円で受験ができるリピート受験割引の制度があります。

⇒TOEICの申し込みはこちら

 

TOEIC対策をする前の注意点(新形式の改訂)

TOEICは2016年5月29日(日)のテストから新形式が導入されました。そのため、少し古い情報やテキストを購入してしまうと、現在のTOEICと誤りがあるため注意が必要です。

今回の改訂で大きく変わったわけではありませんが、リスニングもリーディングも長文の問題数が増え、またリアリティのある形式が新たにできました。(詳しくは「TOEIC対策」を見てください。)小手先の解き方が通じにくくなり、やや難しくなったという感想が多いようです。

TOEICの改訂は、1979年にスタートしてから2006年の改定以来、10年ぶりで今回が2度目となります。

 

 

TOEICの勉強をしようと考えるのであれば、ぜひ「TOEIC対策」をご覧ください。

 

 

英語TOEIC, 英語

Posted by yuyu