TOEIC各Part対策

ここではTOEICの各Part毎の問題形式と対策を簡単にまとめています。TOEICについて、まだ曖昧な人はまず「TOEICとは」や「TOEIC対策」をまずご覧ください。

※2016年5月29日(日)のテストから導入された新形式に対応しています。

 

各問題形式について説明します。

リスニング(Part1-Part4)

リスニング問題では問題を1度しか読みません。そのため記載されている設問などがあれば、先読みして内容を事前に把握してから、リスニングを聞いて問題を解いていくことが高得点を取るために重要になります。

 

Part1(全6問)

「問題形式」
記載されている問題は写真のみです。
スピーカーが話す4つの英文から、写真について説明しているものを1つ選択する問題になります。

「対策」
TOEICの中で一番簡単とよく言われていますが、難しい問題もあります。最初に行う問題なので、わからなくなってもモチベーションを下げたり、慌てたりしないことが肝心です。
写真は日常的なものが多いです。

 

Part2(全25問)

「問題形式」
記載されている問題はなしです。
最初にスピーカーが1文話します。その話したことに対してスピーカーが3通り答えます。そのときに会話が成り立つものを3つの回答から1つ選択する問題になります。

「対策」
TOEICの中で唯一問題用紙を見る必要がない問題です。つまり純粋なリスニング問題となります。ここの問題では短文での対話の回答を選択する問題のため、最初の質問をスピーカーが何を聞いているのかが聞き取れるかが一番のポイントになります。「何を」とは5W1H(What,Where,When,Which,Who,How)です。それによって選択する回答は、Whereなら場所を、Whenなら日時を、Whoなら人を、と3つの選択肢から絞ることができます。

 

Part3(全39問)

「問題形式」
記載されている問題は3つの質問とその質問に対する各4つの選択肢です。
二者間、または三者間で会話が行われるので、それに対して記載されている質問の中の選択肢から適切なものを1つ選択する問題になります。(設問は会話終了後、読んでくれます。)

「対策」
記載されている設問を先読みすることが重要になります。1問目はPrat3の形式を説明しているときに、2問目以降は設問を読み上げ、解く時間に少し間を空けるので、その間に先読みします。
ただしそのときどこまで先読みするのか注意が必要です。
先読みのパターンとして設問のみ見るパターンか、選択肢まで(全部)見るパターンかに分かれます。どちらにもメリット・デメリットがありますので、試してみて自分に合う方法で解いていくことが良いです。
 ・質問のみ
 質問までなら余裕をもって確認することができる。また選択肢4つのうち3つが誤りのため、75%のダミー情報に惑わされ、間違った先入観を持つことがない。
 ・選択肢まで(全部)
 全部把握するのに時間がかかる。選択肢まで見るため、25%の正確な情報から全体の可能性を推測して、内容を聞くことができる。ただし、ミスリードされてしまう可能性も高い。

また先読みをすることで最も大切なことは、ペースを崩さないことです。少しでも迷ったりして、先読みをしないと1問のために、その先の正答率がかなり下がる可能性がでてきます。そのため、一定のリズムで分かっても分からなくても解いていく必要性が重要になります。

 

Part4(全30問)

「問題形式」
記載されている問題は3つの設問とその設問に対する各4つの選択肢です。
一人のスピーカーによる長文のスピーチや報告が行われるので、それに対して記載されている設問の中の選択肢から適切なものを1つ選択する問題になります。(設問は会話終了後、読んでくれます。)

「対策」
Part3と同様に先読みが重要になってきます。
またPart4は一人のスピーカーによって長文を会話されることで、傾向がPart7(リーディングの長文)と似ています。ここを合わせて意識しておくことで、Part7の対策もすることができます。

 

 

リーディング(Part5-Part7)

リーディング問題では全問解ききることが難しいです。そのため時間配分を決めておいて、自分が解ける問題をしっかりと解くこと、また解く順番などを工夫して、正確により多くの回答ができるようにする必要があります。
例えば、一番集中力を使うPart7の長文から問題を解く方法もありです。その際には、確実に取れるはずであろうPart5やPart6の問題に時間配分が足りず、解けなかったということが無いように、やはり時間配分に注意する必要があります。
またスキャニング(scanning)という設問を先に読み、長文の中から必要箇所のみを読み取る方法や、スキミング(skimming)という要点だけを読み概要を把握する方法などあります。これらは個人で合う合わないがあると思います。何度かテストをして、自分に適した方法でやるのが良いかと思います。

 

Part5(全30問:目標タイム10分強)

「問題形式」
短文の穴埋め問題です。4つの選択肢から適切な選択を1つ選択する問題になります。こちらは基本的に文法問題になります。

「対策」
品詞・文法・語彙力を求める問題になります。ここで取れる問題をしっかりと、かつ素早く解いていく必要があります。(長文に時間が取られるため)

 

Part6(全16問:目標タイム10分弱)

「問題形式」
長文があり、その中の穴埋め問題になります。各長文(大問4つ)に4つの設問があり、その設問の中の4つの選択肢から適切な回答を1つ選択する問題になります。4つの設問のうち3つは文法で、1つは文章を選択します。

「対策」
文法と長文問題を合わせたような問題になります。つまりPart5とPart7を合わせたものになります。Part5の感覚で穴埋め箇所の文のみを見て解こうとすると解けないことがあります。(前後の文章を理解する必要があります。)長文自体は短く、その中で4つの設問もあるため、全体を読んで解いたほうが得策だと考えられます。

 

Part7(全54問:目標タイム50分強)

「問題形式」
SP(シングルパッセージ:1つ)やMP(マルチパッセージ:2、3つ)があり、それらに複数の設問があり、その中の4つの選択肢から適切な回答を1つ選択する問題になります。
SPの長文大問から29問、MP(2つ)の長文大問から10問、MP(3つ)の長文大問から15問です。

「対策」
リスニングPart4がリーディングになったイメージです。高得点者や全問解ききる自身がある人は後ろの難しい問題から解くのが集中力などを考慮するとおすすめです。

 

TOEICのおすすめの教材や学習本については「3ヵ月でTOEIC600」をご覧ください。

 

 

英語TOEIC, 英語

Posted by yuyu